街路樹剪定、学校の樹木の管理、公園等の管理のことなら株式会社グリーンフォーラム トップページ

会社概要

メニューを表示

会社概要

事業内容

取り組み

求人情報

閉じる
閉じる

先代から続く事業を継続する。
そこには確かな覚悟があり未来を描く理想があります。グリーンマネジメント

都市の魅力と活力

道路を彩る街路樹。
街路樹には夏の日差しをさえぎったり、交通事故から歩行者を守ったり、排気ガスや騒音をやわらげ、道路沿いの環境を守る意図があります。
そういった現実的な意味以外にも緑とは都市に生きる人にとって貴重な存在です。
街路樹には多くの役割があり、また植林は生きているものですから管理剪定はとても責任のある仕事になっています。
請け負う業者の選定は多くの場合、国や地方自治体からの入札により選ばれて、期間内において責任を持って請け負う仕事になりますので、街路樹の一生の面倒をみることは難しいですが、 期間内での仕事を通じて次の選定業者様にいい形でバトンを渡し、さらに「都市の魅力と活力」という、一番大事な役割を担っているという自負はあります。

歴史・文化

街路樹や公園に育つ緑は何十年と生きていきます。それはいわば歴史・文化の生き証人となります。
何年も前の写真を見て、あそこにあったあの木が今もそこにあるという歴史、まつわる人の歴史・文化が緑と共に育っていきます。
当社では歴史・文化への関わりでもあるという意識で業務に携わっています。

緑を通じたネットワーク、社会形成を目指して。

剪定事業は閉鎖的な事業である側面があります。
入札による選定事業でもあるため長期的な未来予想図が描きにくい事業であるとも言えます。
当社ではそういったデメリットを実績と工夫で打破し、オンリーワンであることを自負しています。
また業界として緑を通じたネットワーク、社会形成に対する貢献ができるようにならなければならないと考えています。
事業者、剪定業者、地主様、そして利用者。そういった緑を通じた人と気持ちが一体になって未来への筋道を立てていく必要がこれからの社会に必要だと考えるからです。
緑を通じたネットワーク、社会形成を目指して。
個人として、会社として、業界としてこれからも邁進する所存です。

代表取締役 橋爪 守

右に移動 左に移動
ページトップに戻る